Ultimate Guard サイドワインダーをレビュー!オシャレで便利なデッキケース!

今回はUltimate Guard (アルティメットガード)のサイドワインダー100+というデッキケースをレビューします。

 

こんな人に読んで欲しい

  • オシャレなデッキケースを探している
  • デッキを取り出しやすいケースが欲しい
  • サイドワインダーに入るカード(スリーブ)のサイズは?
  • サイドワインダー100+と80+の収納可能枚数は?

 

見た目も一般的なデッキケースよりかなりオシャレで、機能性も抜群なオススメのデッキケースなのでぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。

ココがイイ!
  • ケース内側がマイクロファイバー素材で高級感たっぷり
  • 外側もかなり頑丈な素材で安心
  • 開閉がマグネット式で便利
  • サイド式なのでデッキの取り出しが簡単
  • カラーバリエーションが豊富
  • 2重~3重スリーブの状態でも収納力抜群
ココがイマイチ
  • 一般的なデッキケースよりは重くて大きい
  • デッキケースとしては値段がやや高め

 

スポンサーリンク

アルティメットガード サイドワインダー100+のサイズ

Ultimate Guard サイドワインダー100+のパッケージには、このデッキケースの特徴でもあるカードをサイドから収納している写真が。
Ultimate Guard サイドワインダー100+のパッケージ①
Ultimate Guard サイドワインダー100+のパッケージ②

 

デッキケース本体はかなり高級感があり、造りも頑丈でしっかりとしています。
Ultimate Guard サイドワインダー100+の外観
Ultimate Guard サイドワインダー100+の開封直後

 

サイドワインダー100+の本体サイズ

サイドワインダー100+の本体サイズは幅10.5 x 奥行8.3 x 高さ7.9cmとなっており
Ultimate Guard サイドワインダー100+のサイズ

 

一般的なデッキケースと比較するとやや大き目のサイズ感となっています。
Ultimate Guard サイドワインダー100+のサイズ比較①
Ultimate Guard サイドワインダー100+のサイズ比較②

 

サイドワインダー100+の内寸と収納可能サイズ

さらにカードを収納する部分の内寸は幅9.6 x 奥行7.0 x 高さ6.9cmとなっているので
Ultimate Guard サイドワインダー100+の内寸

 

スリーブプロテクター エンボス&クリアMのスリーブサイズ(68.5mm x 93mm)まで収納できるようになっています。

サイドワインダー100+の内寸(エンボス&クリアM)

スリーブ幅68.5mmで高さがピッタリ

 

一方スリーブの幅が高さの内寸6.9cmを超えるオーバーガードZ(スリーブサイズ:70mm x 95mm)の場合は、約1mm程度ケースからスリーブがはみ出てしまうため

サイドワインダー100+の内寸(オーバーガードZ)

スリーブ幅70mmだと若干はみ出る

 

デッキケースのフタをきちんと閉めることが出来なくなるので注意が必要です。

サイドワインダー100+にオーバーガードZはフタが閉まらない

スリーブ幅70mmだとフタがきちんと閉まらない

 

POINT

サイドワインダー100+は高さの内寸が6.9cmなので、中に収納するスリーブは幅68.5mm以下がオススメ!

 

チキさん
同シリーズのサイドワインダー80+も奥行以外のサイズは同じなので、収納するスリーブの幅は同じく68.5mm以下がオススメです

 

スポンサーリンク

アルティメットガード サイドワインダーの特徴

内側の素材がフワフワで高級感たっぷり

Ultimate Guard サイドワインダー100+はケース内側がフワフワとしたマイクロファイバー素材になっていて、なかなか普通のケースでは味わえない高級感があるのが魅力的。
Ultimate Guard サイドワインダー100+の内側素材

 

ケース外側はしっかりと硬い素材で安心!

さらにケース外側にはXENOSKINと呼ばれるUltimate Guard社独自の素材が使われていて、しっかりとした硬さがあり、表面の凹凸加工のおかげで手で持った時のグリップ感も抜群となっています。
Ultimate Guard サイドワインダー100+のXENOSKIN

 

ケースが頑丈な分、一般的なプラスチックのデッキケースよりは重たくなってしまいますが、とはいえ136gなので軽さをとことん追求する人以外には全く問題のない範囲です。

Ultimate Guard サイドワインダー100+の重量

サイドワインダー100+の本体重量は136g

 

マグネット式でオシャレ

またサイドワインダー100+はフタの開閉がマグネット式なので、マジックテープ式のデッキケースよりもフタの開閉がスムーズ。
サイドワインダー100+はマグネット式でオシャレ

 

程よく強力なマグネットが4ヶ所に付いているので、カバンの中などでフタが勝手に開くこともなく、パコッ!とマグネットの心地いい音でデッキケースの開閉が楽しくなります。
サイドワインダー100+のマグネット

 

サイド式でデッキが取り出しやすい

そしてなんと言っても、このUltimate Guard サイドワインダー100+の一番の特徴でもあるサイド式とケース側面の凹みのおかげで、デッキを手でしっかりと掴むことが出来るので、楽にカードを取り出すことが可能です。
サイドワインダー100+はデッキの取り出しが簡単

 

カラーバリエーションが豊富

サイドワインダー100+サイドワインダー80+はカラーバリエーションも豊富なので、ぜひお好みに合わせてチョイスしてみて下さい。

Ultimate Guard サイドワインダーのカラーバリエーション

この他にも色々なカラバリがあります

 

チキさん
各カラーは下記サイドワインダー100+サイドワインダー80+のリンクから確認可能です

 

スポンサーリンク

サイドワインダー100+と80+の収納可能枚数を比較

チキさん
サイドワインダー100+と80+の収納可能枚数は1重スリーブ~3重スリーブでそれぞれ以下のようになっています

 

スリーブ サイドワインダー100+の収納可能枚数 サイドワインダー80+の収納可能枚数
1重 約120枚 約100枚
2重 約100枚 約80枚
3重 約80枚 約60枚

MEMO

商品名のサイドワインダー100+や80+といった数字は2重スリーブの際の収納可能枚数となっています。

 

サイドワインダー100+に実際にカードを入れてみると?

1重スリーブで120枚収納した場合

ということでサイドワインダー100+にポケモンカードを1重スリーブで120枚収納した状態がこちら。
サイドワインダー100+に1重スリーブで収納

 

2重スリーブで100枚収納した場合

2重スリーブ(カードバリアー100 + 公式キャラスリ)の状態でもたっぷり100枚収納可能。
サイドワインダー100+に2重スリーブで収納①

 

ちなみに60枚収納した状態だとスペースに余裕があるので、ダメカンやサイコロなどを入れた小さめの箱なら一緒に収納することが出来ます。
サイドワインダー100+に2重スリーブで収納②

 

3重スリーブで80枚収納した場合

そして3重スリーブ(カードバリアー100 + 公式キャラスリ + エンボス&クリアM)の場合でも約80枚収納することが可能です。
サイドワインダー100+に3重スリーブで収納

POINT

3重スリーブの場合、サイドワインダー100+や80+の内寸高さが6.9cmなので、スリーブ幅はエンボス&クリアMなどの68.5mm以下のものがオススメです。

 

チキさん
1重~3重までのオススメスリーブは下記の記事でも詳しく紹介しているので、ぜひあわせて参考にしてみて下さい

 

 

 

サイドワインダーはオシャレで便利なデッキケース!

ということで今回は、Ultimate Guard (アルティメットガード)のサイドワインダー100+というデッキケースをレビューしました。
Ultimate Guard サイドワインダー100+の箱とケース本体

ココがイイ!
  • ケース内側がマイクロファイバー素材で高級感たっぷり
  • 外側もかなり頑丈な素材で安心
  • 開閉がマグネット式で便利
  • サイド式なのでデッキの取り出しが簡単
  • カラーバリエーションが豊富
  • 2重~3重スリーブの状態でも収納力抜群
ココがイマイチ
  • 一般的なデッキケースよりは重くて大きい
  • デッキケースとしては値段がやや高め

 

オシャレな見た目や高級感もさることながら、サイド式でカードが取り出しやすく、マグネット式で便利なオススメのデッキケースなのでぜひチェックしてみて下さい。

 

今回レビューしたデッキケースなど、カードやスリーブ類がたっぷり収納できる無印良品のオススメケースもレビューしているので、こちらもぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。
サイドワインダーの収納に便利な無印ケース
PPケース 引出式 深型 2個の収納例

 


この記事も読まれています