【最新】ワードプレステーマ「Diver」の全入力補助機能と使い方!記事作成の時間短縮ができる最高のツール

今回はワードプレステーマ「Diver」の魅力の一つである入力補助機能の内容と使い方をご紹介したいと思います。

 

こんな人に読んで欲しい

  • ワードプレステーマ「Diver」の購入を検討している
  • 「Diver」の入力補助機能って何?
  • 「Diver」の入力補助機能ってどんなものがあるの?
  • 「Diver」の入力補助機能の使い方は?

 

チキさん
それでは早速、入力補助機能を順番にご紹介していきます

 

最新SEO対策済み!迷ったらこれでOKの全部入りワードプレステーマ

レビュー記事はコチラ

 

スポンサーリンク

ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能って?

現在Diverの入力補助機能は全部で23個となっています。
他のワードプレステーマであればHTMLコードを駆使する必要がある装飾も、Diverならボタン一つで簡単に使用可能です。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能一覧

 

スポンサーリンク

Diver入力補助その1:見出し

見出しのスタイルは全11種類の中から選択可能で、見出しの色もデフォルトの7色以外にカスタムで自由な色を指定することが出来ます。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【見出し】

 

見出しスタイル1
見出しスタイル2
見出しスタイル3
見出しスタイル4
見出しスタイル5
見出しスタイル6
見出しスタイル7
見出しスタイル8
9見出しスタイル9
10見出しスタイル10
見出しスタイル11

 

 

スポンサーリンク

Diver入力補助その2:ボタン

「Diver」入力補助機能のボタンタイプは全部で13種類あります。
もちろんこれも色はデフォルト以外のものをカスタムで指定可能です。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【ボタン】

 

 

テキストの前後にアイコンを付けることもできます。

 

Diver入力補助その3:バッジ

テキスト等の前後に使用するバッジは7種類の中から選択できます。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【バッジ】

 

もちろんバッジにもテキストの前後にアイコンを付けたりといった装飾が可能です。

オススメ商品

ココがポイント

 

Diver入力補助その4:囲い枠

囲い枠のタイプは7種類あり、これも細部まで色のカスタマイズが可能です。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【囲い枠】

 

囲い枠タイプ1
テキストテキスト
囲い枠タイプ2
テキストテキスト
囲い枠タイプ3
テキストテキスト
囲い枠タイプ4
テキストテキスト
囲い枠タイプ5
テキストテキスト
テキストテキスト(タイプ6)
テキストテキスト(タイプ7)

 

このブログでの囲い枠の使用例

チキさん
例えばこのような内部リンクもDiverの囲い枠機能で作成していますよ

 

MEMO

タイトル前にアイコン+テキスト部分に関連記事をカードタイプで挿入
(ちなみにこのメモ用の枠もDiverの囲い枠機能で作成)

 

チキさん
関連記事のブログカードもプラグイン無しでDiverの初期機能として搭載されています

 

罫線を引くこともできます
このブログのほぼ全て(アプリのリンク以外)の装飾はDiverの機能のみで作成しているので、もし良かったら他の適当な記事も参考にしてみて下さい。

 

チキさん
ちなみにアプリのオシャレなリンク作成方法は下記の記事で紹介していますので、詳しく知りたい方はどうぞ

 

 

Diver入力補助その5:区切り線

区切り線は3種類の中から選択可能、もちろん太さや色も自由自在です。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【区切り線】

 

 

 

 

Diver入力補助その6:リストデザイン

リストデザインは箇条書きか順序付きを選択できます。
箇条書きリストは7種類、順序付きリストは8種類のデザインが用意されています。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【リストデザイン】

 

チキさん
例えばこんな感じです

 

  1. 最初のテキスト
  2. 次のテキスト
  3. 最後のテキスト

 

Diver入力補助その7:アイコン

アイコンの種類は数が多すぎるので全てをお見せすることは出来ませんが、余裕で100種類以上のアイコンが用意されています。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【アイコン①】

ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【アイコン②】

 

チキさん
例えばこんな風に使えます

 

@tikitengo

WordPressテーマ「Diver」を選んだ理由

YouTubeでチェック!!

 

Diver入力補助その8:グリッドレイアウト

グリッドレイアウトは、例えば画像やボタンなどを横並びに表示できる入力補助機能です。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【グリッドレイアウト】

 

チキさん
画像をグリッドレイアウト(3カラム)で表示するとこんな感じになります

 

「画面サイズが小さい時に、グリッドレイアウトを解除する」はスマホの場合3カラムの画像は小さくなりすぎるのでチェックを入れておくと良いです。

 

Diver入力補助その9:引用

他のWebページや書籍の内容を利用したいときには引用の入力補助機能が便利です。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【引用】

 

引用文をここに挿入します。

引用元のリンクはチキテンゴTopにしています。

 

Diver入力補助その10:AMP表示

AMP(Accelerated Mobile Pages)に対応したブログであれば、AMP表示の場合にのみ指定したテキストを表示させるといった事も可能です。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【AMP表示】

 

Diver入力補助その11:横棒グラフ

横棒グラフの入力補助機能は、何かのデータを比較したい時などに使用すると便利です。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【横棒グラフ】

データ1
データ2
データ3

 

Diver入力補助その12:吹き出し

アイコン(人物像)を用いないただの吹き出しを挿入するにはこの入力補助機能。
吹き出しの方向は上下左右から選択可能です。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【吹き出し】

吹き出しタイプ右
吹き出しタイプ左
吹き出しタイプ上(角丸50px)
吹き出しタイプ下(角丸50px)

 

Diver入力補助その13:口コミ

Diverの入力補助を使えば口コミも簡単に作成することが出来ます。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【口コミ】

WordPressテーマ「Diver」の評価

Diverの入力補助機能を使えば、おしゃれな装飾が簡単にできるよ!
チキさん

 

Diver入力補助その14:会話

先程紹介した入力補助機能「吹き出し」の他にも、アイコン(人物像)付きの吹き出しを挿入できる機能もあります。
ちなみによく使うアイコン画像はダッシュボードの「Diverオプション」から保存しておけるので便利です。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【会話】

 

チキさん
まさにこの吹き出しが会話の入力補助機能です

右側に表示したり、心の声みたいにすることも出来るぞ

 

Diver入力補助その15:ランキング

Diverのランキング機能を使えば、アフィリエイトの商品紹介もかっこよく作成可能です。
もちろんこれも各カラーはお好みの色にカスタマイズすることが出来ます。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【ランキング】

 

WordPressテーマ「Diver」(商材タイトル)
初心者にピッタリ!(商材小見出し)
WordPressテーマ「Diver」なら初心者も簡単に使えて、
時間短縮できる機能がいっぱい!

記事作成に集中できます!
(説明文)

リンクボタンはアフィリエイトページに飛びます (備考)

 

Diver入力補助その16:レビュー

レビューは商品紹介の際に星の数で視覚的に表現できる便利な入力補助機能です。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【レビュー】

 

 

 

 

Diver入力補助その17:レビュー表

レビュー表は、簡単に言えば表(リスト)を作成することが出来る入力補助機能です。
レビュー内容はテキストや星の数で記載することが出来ます。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【レビュー表】

 

チキさん
フルサイズとハーフサイズの表を自由に組み合わせることが可能です(もちろん1段でも3段以上でもOK)

 

フルサイズ コンテンツ
ハーフサイズ1 コンテンツ ハーフサイズ2

 

見た目
料理の値段
お店の雰囲気

 

注意

スマホではハーフサイズは縦に重なって表示されます。

 

Diver入力補助その18:ポップアップ

ポンっと浮かびあがるポップアップもDiverの入力補助機能で簡単に作成出来ます。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【ポップアップ】

 

参考リンク例えばこんな感じ

ポップアップ発動!!!

 

参考リンク画像をポップアップさせることも可能です

ワードプレステーマ「Diver」のサイト画面

 

Diver入力補助その19:Q&A

Diverの入力補助機能ならQ&Aのページも簡単に作成出来ます。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【Q&A】

 

チキさんのプロフィール教えて?

 

Diver入力補助その20:コード

コードの入力補助機能を使えば、コードの説明をしたい時にかなりそれっぽく表示することが出来ます。
ちなみに言語はHTML・PHP・CSS・javascriptに対応しています。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【コード】

 

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

 

Diver入力補助その21:トグル

トグルの入力補助機能を使うと、文章の一部を隠して表示することが出来ます。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【トグル】

 

タップしてトグルの内容を表示

 

トグルの内容はテキストや表、画像も挿入可能です。

 

Diverの特徴

  • ワードプレステーマDiverは素晴らしい!

 

タイトル 解説
タイトル① 解説①

 

ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【トグル】

 

Diver入力補助その22:QRコード

QRコードの入力補助機能を使えば、指定したURLのQRコードを表示することが可能です。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【QRコード】

 

チキさん
ちなみにこれは当ブログTOPページのQRコードです
QR Code

 

Diver入力補助その23:記事一覧

記事一覧の入力補助機能では、カテゴリや取得数などを選択することで、過去の記事一覧を挿入することが出来ます。
ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能【記事一覧】

 

チキさん
例えばこんな感じです

 

 

↓ランキング形式+グリッド表示にすることも可能。

 

ワードプレステーマ「Diver」の入力補助機能まとめ!

ということで今回はワードプレステーマ「Diver」の魅力の一つである入力補助機能の内容と使い方をご紹介しました。

 

Diverの入力補助機能を使えば、ブログ初心者にはちょっと難しい機能や装飾が簡単に表現可能になります。

 

チキさん
コードの知識がなくても穴埋めしていくだけなので、まさに初心者にピッタリの機能だと思います

 

チキさん
Diverは入力補助機能以外にも様々な機能が丸っと搭載されているので、詳しくは下記のリンクを参考にしてみて下さい

 

最新SEO対策済み!迷ったらこれでOKの全部入りワードプレステーマ

レビュー記事はコチラ

 

スポンサーリンク
この記事も読まれています