【レビュー】Varmilo(アミロ)のメカニカルキーボード「海の音色」を購入!

今回はVarmilo(アミロ)のメカニカルキーボード「海の音色」ふもっふのおみせで購入したので、その外観や特徴などをレビューしたいと思います。

 

こんな人に読んで欲しい

  • アミロのメカニカルキーボードを購入検討している
  • アミロ「海の音色」のオススメポイントは?
  • アミロ「海の音色」の使い心地はどう?
  • ふもっふのおみせって何?

 

開封レビューをしながら付属品や外観の細かいところまでご紹介していきますので

 

チキさん
メカニカルキーボード初心者の方もぜひご覧ください

 

 

スポンサーリンク

アミロ「海の音色」メカニカルキーボード開封!

それでは早速開封していきましょう。
アミロのキーボード到着

 

まだかまだか・・・アミロちゃんはまだかあああ!!
アミロのキーボード開封

 

じゃじゃん!今回購入したのはアミロ「海の音色」キーボードと、アミロの独自キースイッチのテスターキーホルダー3種類。
あとはキーボードにおまけでポストカードも付いています。
海の音色のパッケージとキースイッチキーホルダー

 

チキさん
アミロのスイッチキーホルダーについてはまた後程ご紹介します

 

それではいよいよキーボードの箱を開封します。
アミロ「海の音色」開封

 

キーボードの上にこんなカバーが乗っかってて既に高級感ありまくり。
海の音色のプラスチックカバー

 

そしてこれまた高級感抜群のサラッサラの袋からキーボード本体を取り出します。
海の音色の袋

 

ということでアミロ「海の音色」キーボードと付属品がこちらです!
ひとつひとつ見ていきましょう。
アミロ「海の音色」キーボードと付属品

 

スポンサーリンク

アミロ「海の音色」キーボードの付属品

取扱説明書

まずは説明書からですが、こういう海外製品にありがちな自動翻訳よろしくな違和感ありまくりの日本語ではなく、きちんとした文章になっているのがさすがだなと感じました。
海の音色の取扱説明書①

海の音色の取扱説明書②

 

バックライト等の操作方法も書いてあるので、ここはまたあとで確認することにしましょう。

 

オリジナルデザインのキープラー

次はこちらのキープラー(キーキャップを取り外すための道具)。
これもちゃんとアミロさん独自のものになっていて手が込んでるなという印象。
見えづらいと思いますが持ち手のところにVarmiloと刻印されています。
海の音色のキープラー

 

一応使い方を説明しておくと、こんな風にキーの間に差し込んで
キープラーの使い方①

 

ひょいっと上に引っ張るだけで簡単にキーキャップを取り外せます。
キーボードを掃除したい時などに便利です。
キープラーの使い方②

 

取り換え用キーキャップ

そしてお次はこちらの取り換え用キーキャップ。
CapsLockとScloll Lockのキーキャップは一部透明になっていて、通常のキーキャップよりも光を視認しやすくなっています。
海の音色の取り換え用キーキャップ

 

あとクジラのしっぽのキーキャップは、こんな感じでEscキーに付け替えたりしてアレンジすることが可能です。
取り換え用キーキャップの取り付け例

 

チキさん
このキーキャップのデザインも凄くカワイイですね

 

海の音色のポストカード

そしてポストカードは2種類のデザインが各4枚ずつ入っていて
海の音色のポストカード

チキさん
あれ?なんで4枚ずつ?

 

と思ったら、なんと表面のポエム的な文章が4つの言語で書かれていて、こういったいわゆるおまけの部分でもVarmiloの抜かりなさを感じました。
海の音色ポストカードの表面

 

パソコンとの接続ケーブル

そして最後にこちらのパソコンと接続するためのケーブルですが、バンドの部分にもVarmilo(アミロ)のロゴがあったり
アミロ「海の音色」の付属ケーブル

 

ケーブルの先端にもちゃんと保護キャップが付いていたりとさすがのクオリティ。
接続ケーブルの端子保護キャップ

チキさん
ケーブルの色も本体と統一されてて良い感じです

 

接続はキーボード裏面の端子にケーブルを挿すだけですが、ケーブルを左右に逃がす用の溝もあるので配置に合わせて自由に変えることができます。
アミロ「海の音色」の接続端子

 

スポンサーリンク

アミロ「海の音色」キーボードの外観

チキさん
それでは次にキーボード本体の外観を見ていきましょう

 

最高にカワイイ「海の音色」のデザイン

まずはなんといってもこのデザイン!
白と水色のカラーが最高なのは言うまでもなく
アミロ「海の音色」の外観

 

よーく見るとこんな風に矢印キーに魚が描かれていたり
カーソルキーのお魚さん拡大

 

クラゲがいたりクジラがいたり泡がふわふわしていたり・・・
クラゲとクジラの部分拡大

 

チキさん
←こんなクジラの被り物してるやつにピッタリすぎじゃないですかっっ!(吐血)

 

日本語配列の92キータイプ

そして今回購入したのはアミロ「海の音色」メカニカルキーボードの日本語配列92キーとなっていて、
テンキーレスでコンパクトでありながら独立した矢印キーとファンクションキー列があるタイプです。
アミロ「海の音色」の日本語配列92キータイプ

商品リンクVarmilo 92 Sea Melody JIS Keyboard (ふもっふのおみせ)

 

もちろんテンキー付きの113キータイプと、テンキーとFnキー無しの73キータイプも販売されているのでご心配なく。

商品リンクVarmilo 113 Sea Melody JIS Keyboard (ふもっふのおみせ)

商品リンクVarmilo 73 Sea Melody JIS Keyboard (ふもっふのおみせ)

 

私の場合は特にゲーム用というわけではなく、ブログを書いたりといったテキストメインでの使用になるので、やはりESCキーと半角/全角キーは別々のほうが使いやすそうだなと思ったのと、なおかつなるべくコンパクトな方が良かったのでテンキー無しのタイプを購入しました。

 

あと実はもうひとつ決め手となったポイントがあって、それがこのキーがひとつひとつ浮いたようなフローティングデザインになっていること。
アミロ「海の音色」のフローティングデザイン①

 

これが今回購入した92キータイプのみフローティングになっていて
アミロ「海の音色」のフローティングデザイン②

 

↓他の73キーと113キータイプだと、よくあるキーボードの枠にキーが埋まっているようなデザインだったので

73キーと113キーのデザイン

ふもっふのおみせHP より

 

チキさん
フローティングかっけえ!!!

 

というのも92キータイプを選んだ理由の一つでした。(笑)

 

角度を調節できる足付き

キーボード裏面には角度を調節できる足も付いていて
(この白いゴムの部分もすんっごいサラッサラのやつ)
キーボード裏面の足

 

足ありと足なしの2段階に角度を調節することができます。
もともとキーに傾斜が付いているので足を立てなくても十分打ちやすいですが、個人的には足を立てたほうがより使いやすかったです。
足を立ててない時の角度

足を立てた時の角度

 

キースイッチは茶軸を選択

そして大事な大事なキースイッチですが、ここまで随分偉そうにレビューしていますが、実は筆者は今回が初のメカニカルキーボードなので、ネットで調べてみて初心者にもオススメっぽい茶軸を選択しました。
今回は茶軸を選択しました

 

私は田舎(愛媛県)住みなのでなかなか軸の試し打ちをできるお店も無いのですが、かろうじて家電量販店に大手ゲーミングデバイスメーカーの青軸と茶軸のキーボードが置いてありました。

 

なのでそれを元に他のアミロ「海の音色」で選択できる赤軸とかシルバー軸ってこんな感じかなー?と想像して、最終的には実際に触ってみて打ち心地が良かった茶軸にすることにしました。

 

アミロ「海の音色」茶軸のタイピング音

↓ではそんなアミロ「海の音色」茶軸のタイピング音を実際に聞いてみましょう。

 

どうでしょうか?
個人的にはこのスコスコという打ち心地と適度なクリック感や音が・・・

 

チキさん
チョーキモティーーーーー!!!!

 

という感じでたまりません!(笑)
いやあああーーーーメカニカルキーボード最高っ!!

 

急にテンションどした・・・

 

アミロ「海の音色」キーボードの光り方

それでは最後に、このキーボードのライティングについてもご紹介しておきます。
アミロ「海の音色」の光り方

 

↓アミロ「海の音色」は各キーに白色LEDが搭載されていて、こんな風に光らせることができます。

アミロ「海の音色」の光り方

  • 消灯(常時点灯の1段階目が消灯)
  • 常時点灯(明るさを5段階で調節可能)
  • 呼吸(ほわんほわんなるやつ:速度変更可能)

注意

各モードはFnキーとカーソルキーで選択・調整。
光は白色のみでRGB(カラフルなやつ)には非対応です。

 

チキさん
個人的にはゆっくりほわんほわんさせるのが好きですね

 

アミロのメカニカル静電容量式スイッチ(おまけ)

さてここからはおまけの部分になりますが、開封のところでご紹介したアミロの独自キースイッチのキーホルダーも今回購入しているので、そちらのほうも見ておきたいと思います。
アミロの独自キースイッチのキーホルダー

 

左からアミロのサクラ軸、ローズ軸、グリーン軸となっていて、メカニカルスイッチと静電容量式スイッチを合体させた構造になっているとのこと。
アミロ独自のキースイッチ

 

このアミロ軸はCherry MX軸と互換性が有るので、キーキャップが自由に交換できるというのも嬉しいポイントです。
アミロの独自キースイッチの色

 

↓実際に押してみるとこんな感じの音。
(海の音色 茶軸との比較)

 

アミロのキースイッチを押してみた感想

  • サクラ軸は茶軸と同じくらいの軽さ
  • ローズ軸は個人的にはちょっと重い(疲れそう)
  • グリーン軸は上2つの中間くらいの重さ(割と軽め)
  • 一番静かなのはローズ軸

 

どれがオススメかと聞かれれば割と茶軸と似た感じのサクラ軸か、青軸と同じようなクリック感が気持ちいいグリーン軸がオススメかなという感じ。
(あくまで個人的な好みです。)

 

さすがにこれだけを注文して買う人は少ないかもしれませんが、アミロ軸が気になっている人は何かを買うついでに一緒に買ってみてもいいと思います。

 

商品リンクVarmilo EC Sakura Pink Keychain (ふもっふのおみせ)

商品リンクVarmilo EC Rose Red Keychain (ふもっふのおみせ)

商品リンクVarmilo EC Ivy Green Keychain (ふもっふのおみせ)

 

普通にストラップとしても可愛くて良い感じだな

チキさん
値段は1つ500円くらいです

 

アミロ「海の音色」はメカニカルキーボード初心者にもオススメ!

ということで今回はVarmilo(アミロ)のメカニカルキーボード「海の音色」をレビューしました。
アミロ「海の音色」のまとめ

 

上でも書いた通り私はこれが初めてのメカニカルキーボードですが、すっかりその世界にのめり込んでしまいそうになっています(笑)

 

途中でもご紹介しましたが、今回レビューしたアミロのキーボードは、「ふもっふのおみせ」というサイトから購入することができます。

ふもっふのおみせHPトップ

ふもっふのおみせHP より

 

 

以前は海外製品であるアミロのキーボードを日本で手に入れるのは中々大変だったようですが、ふもっふのおみせがアミロの正規代理店となったことで私のようなライトユーザーでも、簡単にアミロの製品を購入することができるようになったみたいです。

 

チキさん
あ、ありがてぇ

 

アミロの製品にはこんな感じのパンダのキーボードや桜のキーボード、他にも色々なデザインのキーボードが販売されていてどれを見てもメチャカワ。

アミロのパンダと桜のキーボード

ふもっふのおみせHP より

 

ふもっふのおみせではアミロ製品以外にも、様々なメーカーのデバイスを取り扱っているので、ぜひ興味のある方は一度覗いてみてほしいなと思います♪

 


この記事も読まれています