【レビュー】サンワダイレクトのシンプルワークデスク(幅140cm)を購入!

今回はサンワダイレクトのシンプルワークデスク(幅140cm)を購入したので、
実際の組み立て手順と商品の質感などをレビューしていきます。

 

こんな人に読んでほしい

  • シンプルワークデスクの組み立てって大変?
  • ライトブラウンの色味ってどんな感じ?
  • ぐらつき、がたつきはある?

 

チキさん
それでは早速みていきましょー!

 

スポンサーリンク

モニターアーム対応の幅140cmのデスク(100-DESKF005LBR)を購入

私が購入したのはモニターアーム対応の幅140cmのサイズ(色はライトブラウン)ですが

 

サンワダイレクトのシンプルワークデスク(モニターアーム対応)は、
他にも幅60cm~幅180cmまで豊富なラインナップがあるのが魅力です。
どの幅のデスクでも奥行きは60cm、高さは70cmで共通となっています。

シンプルワークデスクのサイズ一覧

サンワダイレクトHP より

 

チキさん
設置場所や用途に合わせてサイズを選べるのが良いですね

 

各商品のリンクは長くなるのでこの記事の最後にご紹介しようと思います。

 

まずは設置場所の片づけから

それでは今回購入したデスクを紹介・・・
する前にまずは今あるデスクを片付けます(笑)

 

現在の私のブログ作業兼ゲームスペースとなっているパソコン周りがこちら。
今使用しているこの机がガラスデスクでモニターアームが付けられないので今回紹介するデスクを購入しました。
片付ける前のデスク周り

 

そのうちデスク周辺紹介も記事にする予定なのでここでは詳しく紹介しませんが、
ガラスデスクの横にはガジェット類などを置く折り畳みテーブルを設置しています。

 

コード類は一応床に着かないように整理してはいますがそれでも少し汚い・・・

チキさん
これでも結構がんばったんですよ

 

ということでまずはこやつらのコード類を引っこ抜いてキレイに片付けます。
デスク周りのコードをお片付け

 

シンプルワークデスク開封

さてガラスデスクも片付けていよいよサンワダイレクトのデスク登場!

シンプルワークデスクのパッケージ

写真をタップで商品ページへ

 

まずは開封するとこんな感じ。
当たり前と言えば当たり前ですがきちんと四辺をガードするように発泡スチロールが入っています。
シンプルワークデスク開封

 

天板は薄いフィルムで覆われていましたが、
そのフィルムがところどころ破れてしまっていたのが残念なポイント。
天板を覆うフィルム

 

ですが幸いにも天板の裏にこの小さなキズがあったくらいで、
隅々までチェックしましたが他にはキズや汚れは全くありませんでした。
天板裏面にあったキズ

 

中身としては各種部品と組み立て説明書。
説明書は表裏の1枚で組み立ては4ステップなので割と簡単そうではありますが、
そもそも幅140cmの天板がかなり重たいので女性1人の場合はかなり大変かも。

組み立て説明書表と付属品
組み立て説明書裏と付属品

チキさん
幅の小さいサイズなら女性でも大丈夫だと思います

 

シンプルワークデスクを組み立ててみた

1:サイドフレームにアジャスターを取り付け

組み立て手順1

 

まずはサイドフレームへのアジャスターの取り付けですが、
このサイドフレーム・・・パイプの中に何やら鉄くずのような物が残っていて振るとカラカラ音が鳴るので、
気になる方はところどころに空いている穴からしっかり取り出しておきましょう。

 

サイドフレームの色は完全に真っ白というわけではなく、
ほんの少しだけグレーっぽいカラーです。
写真だと分かり難いと思いますが下の発泡スチロールと見比べれば多少は分かるかなと思います。
サイドフレーム

 

あと天板自体の品質は良かったのですが、
このサイドフレームは数ヶ所に塗装が削れたようなところがありました。
まぁ普段そんなに見えるところじゃないのでそこまで気にはなりません。
サイドフレームの塗装削れ

チキさん
これはちょっと残念なポイントですね

 

2:天板にリーンフォースメント(穴有り)を取り付け

組み立て手順2

 

次は天板裏面への補強金具の取り付けですが、
付属の六角レンチでネジを回すだけなので簡単にできました。
天板裏面への補強金具の取り付け

 

3:サイドフレームとリーンフォースメントを取り付け

組み立て手順3

 

このサイドフレームの取り付けがほぼ最終工程のようなものですが、
サイドフレームを取り付ける向きによって天板の前後が決まるので、
もし天板の模様や汚れが気になる箇所があればそれに合わせて向きを決めましょう。
サイドフレームの取り付け

 

4:サイドフレームにバックフレームを取り付けて完成

組み立て手順4

 

最後に補強用のバックフレームを取り付けて完成です!
バックフレームの取り付け

 

組み立て時間は30分~1時間くらい

私の場合ブログ用の写真とこの記事をノートパソコンで書きながら組み立てていたので、
トータル1.5時間くらいかかりましたが、
普通に組み立てる分には30分~1時間程度あれば余裕だと思います。

 

ただし最初の方でも書きましたが女性の場合はデスクのサイズにもよりますが、
幅140cm以上のものは2人で作業したほうが安全かなと感じました。

 

ライトブラウンのカラーがかなり良い感じ!

ということで完成したデスクをひっくり返してみましたが、
いやーーーー良い!!めちゃくちゃ良い!!!
シンプルワークデスク完成

 

なんかもうお店の机みたいでテンション上がるうううううう!(笑)
デスクに置いたノートパソコン

 

デスク表面の手触りはニンテンドースイッチのココに近いかなー。
ツルツルというよりはほんの少しザラっとする感じなので、
何か書いたりする場合は下敷きなどを用意した方がいいかも。
デスク表面の手触り

 

今まで使っていた黒のガラスデクスは色的にかなり圧迫感がありましたが、
このライトブラウンのデスクは明るい色なので圧迫感が全然無くて良い感じ。

チキさん
ぐらつきも全然無くてかなりガッシリしています!

 

万が一多少のぐらつきがあったとしても、
脚の4箇所に付いているアジャスターで調整することもできるので安心です。

 

サンワダイレクトのシンプルワークデスクはコスパ最高!

ということで今回はサンワダイレクトのシンプルワークデスクをご紹介しました。

 

私が購入した幅140cmのサイズでも約1万とかなりお手頃な価格でありながら、
良い意味で余分な装飾のないシンプルなデザインがかなりお気に入りです。

 

シンプルワークデスクのココが良い!

  • 幅60cm~幅180cmまでの豊富なラインナップ
  • カラーも好みに合わせてホワイト/ライトブラウン/ブラウンから選べる
  • モニターアーム対応のフレーム
  • 組み立てもシンプルで簡単
  • 脚4箇所にアジャスターが付いているので万が一のがたつき対策も万全

 

取り急ぎブログを書く必要があるので、
ノートパソコンと必要最低限の装備のみ設置しましたが
デスクと各種機器

 

まだまだ片付いてない機器がたくさんあるのでゆっくり片付けたいと思います(笑)
デスクとケーブル

 

下記の気になるサイズの商品リンクから価格や各カラーが確認できるのでぜひ参考にしてみて下さい♪
(幅70cmのものだけはホワイト/ブラウンの2色展開のようです。)

スポンサーリンク