オススメ記事

ジブリ映画「猫の恩返し」

実は「猫の恩返し」にもあまり知られていない都市伝説や、
裏設定などが存在します。・ω・。

「猫の恩返し」の気になる都市伝説

  • 「耳をすませば」の主人公・月島雫の脳内再生物語である。
  • 猫の国には裏設定が存在する。
  • 「平成狸合戦ぽんぽこ」とリンクしている。

そういや同じような猫が出てくるにゃあ

チキさん
ぽ、ぽんぽこも関係あるの!?

 

今回は、そんな「猫の恩返し」の気になる都市伝説について、
調べてみた結果を紹介したいと思います(。・ω・)ノ

 

興味がある方は、
引き続きご覧くださいc(*゚ー゚*)

 

スポンサーリンク

「猫の恩返し」は「耳をすませば」の続編?

「猫の恩返し」と月島雫に関する都市伝説

「猫の恩返し」は月島雫の脳内再生物語。
「猫の恩返し」は月島雫が書いた物語。

月島雫(つきしましずく)はジブリ映画「耳をすませば」の主人公です(。・ω・)ノ

なぜこのような都市伝説があるかと言うと

 

「猫の恩返し」と「耳をすませば」には同じ猫のキャラクターが登場するからです。

 

バロンと恋人のルイーゼ


(C) 1995 柊あおい/集英社・Studio Ghibli・NH

(C) 2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT

チキさん
恋人ルイーゼの方はあまり知らない人が多いですね

でもちゃーんと"猫の事務所"に肖像画が飾ってあります!
男爵ステキですねc(*゚ー゚*)

 

ムタさん


(C) 1995 柊あおい/集英社・Studio Ghibli・NH

(C) 2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT

「耳をすませば」で雫を地球屋へと導いた猫は作中で色々な呼び方がされていて、
お玉、ムタムーンなどと呼ばれています。

また「猫の恩返し」のムタさんは本名ルナルド・ムーン

(ちなみにムタさんの名前の由来はプロレスラーの"グレート・ムタ")

チキさん
耳の模様まで一緒ですね

 

どちらの猫も主人公を重要な場所へと導くという点でも同じです。

 

これらの猫がどちらの作品にも登場することから、
「猫の恩返し」と「耳をすませば」は何か関係があるのでは?

という話が生まれたわけです。・ω・。

 

結論から言うと、
「猫の恩返し」は「耳をすませば」の月島雫が書いた物語です。

 

「耳をすませば」の原作者は柊あおいさん
「猫の恩返し」の原作「バロン 猫の男爵」の作者も柊あおいさん

チキさん
原作者が同じ人なんです

 

こちらの本に掲載されている、柊あおいさんのインタビューにて、
「猫の恩返し」は雫が書いた物語であることが明かされています。

雫がいつこの物語を書いたのかまでは明かされていませんが、

「耳をすませば」の公開が1995年、雫は15歳
「猫の恩返し」の公開がそれから7年後の2002年。

小説家になるのが夢だった雫がその夢を叶え、
7年後22歳で書いた作品が「猫の恩返し」

 

なんていう説もあるみたいです(*゚ー゚*)ステキ

 

「猫の恩返し」は違う作品になる予定だった?

実は「猫の恩返し」の制作は、
ある会社からキャラクター作成を依頼されたことが原点でした。

 

同じくこちらの本でこのように語られています。

「猫の恩返し」制作の経緯

  1. ある会社から新規テーマパーク用のキャラクター作成を依頼される。
  2. バロン、ジジ、ムタなどを提案。
  3. 会社側がムタを気に入り、追加で20分ほどの短編映画も発注。
  4. ストーリーの作成を柊あおいさんに依頼。
  5. 「バロン 猫の男爵」が完成。
  6. しかしテーマパークの話がなくなってしまう。
  7. そこで「バロン 猫の男爵」を原作とした「猫の恩返し」が制作される。

チキさん
ざっくり書くとこんな感じだったみたいです

 

計画中止になってしまったテーマパークが、
どんなものになる予定だったのか気になりますね(笑)

 

月島雫が猫の恩返しにも出演?


(C) 2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT

「耳をすませば」の月島雫を演じた本名陽子さんが、
ハルのクラスメイトのチカを演じていますc(*゚ー゚*)

 

ハルが猫の国からの贈り物(マタタビ)のニオイのせいで、
大量のネコに追われながら学校に向かうシーンで登場します。

チキさん
声をよーく聞いてみてください

 

猫の事務所は空間がゆがんでいる?

森田宏幸監督のツイッターにて、
「猫の事務所」の入口の空間がゆがんでいることが明かされています。

 

そう言われると、
確かに外観よりも中が広い気がします(笑)


(C) 2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT

(C) 2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT

 

猫の国は死者の国だった?


(C) 2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT

実は原作「バロン 猫の男爵」では、
猫の国は死んだ猫たちが行く場所として描かれていますΣ(・ω・ノ)ノ

 

原作ではユキちゃんも死んでしまっているとのこと。。。

(C) 2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT

 

また、原作者の柊あおいさんによると、
猫の国には死んだ猫も生きた猫もいるとのこと。

原作の猫の国の設定

  • 猫の国は死んでしまった猫が行く場所。
  • 怖い場所ではなく、死んだ猫が暮らす幸せな場所。
  • 生きている猫も暮らしている。
  • 生きている猫は現実世界と猫の国を行き来できる。

 

映画のほうでは、これらの設定は無くされたとのことですが、

ハルにユキちゃんが猫の事務所について助言するシーン。
なんで直接言いにこないの?っていう疑問が少しあったので、
もしかすると、この設定に関係があるのかもしれません。・ω・。

 

「成狸合戦ぽんぽこ」ともリンク?

「耳をすませば」と「猫の恩返し」の繋がりについては、
上でお話した通りですが、

実は「平成狸合戦ぽんぽこ」とも繋がりがある、
という都市伝説がありますc(*゚ー゚*)

 

こちらをご覧ください


(C) 1994 畑事務所・Studio Ghibli・NH

(C) 1995 柊あおい/集英社・Studio Ghibli・NH

どうですか?
明らかに同じ街ですよね?

 

そうなんです(・艸・。)

実は「平成狸合戦ぽんぽこ」で狸たちが都市化から守ろうとした"多摩丘陵"が、
結局都市化されてできた街が、
「耳をすませば」で雫たちが暮らす"多摩ニュータウン"なのです(。・ω・)ノ

 

そう考えてみると

平成狸合戦ぽんぽこ→耳をすませば→猫の恩返し

 

チキさん
という風に作品が繋がっていることが分かります

 

「猫の恩返し」都市伝説についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はジブリ映画「猫の恩返し」に関する都市伝説と裏話をご紹介しました(。・ω・)ノ

 

作品間の繋がりや裏設定を意識して映画を見てみると、
いつもとはまた違った雰囲気で楽しめるかもしれませんね♪

 

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
スポンサーリンク