【レビュー】MooSoo K12ハンディクリーナーはオシャレで車内の掃除にもピッタリ!

今回は、車内の掃除用に見た目もオシャレで便利そうな掃除機ないかなーと探していたところ・・・

 

↓こちらの「MooSoo K12ハンディクリーナー」という商品を発見!口コミを見ても中々好評そうです。

 

チキさん
なんかオシャレで良さそう!

 

ということで早速購入してみましたのでレビューしたいと思います。
MooSoo K12の外箱

 

スポンサーリンク

MooSoo K12開封レビュー

では早速開封していきましょう!中の梱包もなかなかしっかりしている印象。
MooSoo K12開封

 

MooSoo K12の説明書は日本語ページ有り

まずはこちらの説明書から。ちゃんと日本語のページもありました。
MooSoo K12の説明書
MooSoo K12の説明書(日本語ページ)

 

MooSoo K12のアクセサリー類

それからアクセサリー類がこちら。
MooSoo K12にはカーチャージャーが付いているのも今回この商品を購入したポイントです。
MooSoo K12のアクセサリー類

 

充電スタンドの組み立てにはドライバーが必要

そして本体充電用のスタンドは組み立て式で
MooSoo K12の充電スタンド(組み立て前)

 

こんな風にネジ止めする必要があるのでドライバー必須です。
MooSoo K12のスタンド組み立て

 

スタンドを組み立てるとこんな感じ。裏の四隅に滑り止めも付いているのでしっかり設置できそう。
MooSoo K12の充電スタンド

 

MooSoo K12本体と隙間用ノズル

そして最後にメインの本体と付属の隙間用ノズルがこちら。
MooSoo K12の本体と隙間用ノズル

 

本体側面のこのシールはもちろん剥がせますのでデザインに影響はありません。
MooSoo K12の注意書きシール

 

MooSoo K12の本体サイズと重さ

MooSoo K12の本体サイズはだいたい縦42cm x 横8cmで重さは500gくらい。
女性でも片手でラクラク使えるサイズと重さです。
MooSoo K12の本体サイズと重さ

 

充電スタンドに挿してみるとこんな感じ。めちゃんこカッコイイ!!
(本体の後ろに付属の隙間用ノズルも立てて収納できます。)
MooSoo K12を充電スタンドに設置

 

チキさん
なかなかカッコイイですね!

 

MooSoo K12の細部をチェック!

チキさん
もう少し細部もチェックしていきましょう!

金属フィルターとダストカップは水洗い可能

ダストカップとフィルター部は取り外し可能で、写真右のステンレスフィルターとダストカップは水洗い出来ます。
MooSoo K12分解

 

紙製のHEPAフィルターは当然水洗い出来ませんが、こんな風にティッシュを1枚挟んでおけば、汚れが付きにくいかなと思います。
(特にこの状態でも吸引力が落ちるような感じはありません。)
MooSoo K12のHEPAフィルター

 

ゴミ捨ても先端がボタンプッシュで開くようになっているので超簡単。
MooSoo K12のゴミ捨て

 

隙間用ノズルは車内掃除に便利!

付属のアタッチメント1つ目は先ほどもご紹介したこの隙間用ノズル。
MooSoo K12の隙間用ノズル

 

この隙間用ノズルは車のグローブボックスなんかを掃除する時にも便利です。
MooSoo K12で車内掃除

 

ブラシ型ノズルは注意が必要・・・

アタッチメント2つ目は通常時はクルっと収納されているこのブラシ型ノズル。
MooSoo K12のブラシ型ノズル

 

ただしこのブラシ型ノズルは固定が緩いので、上の写真と反対向きで使おうとすると直ぐに外れます。
(そもそもこの向きでは使い難いのでそうする人は少ないと思いますが。笑)
MooSoo K12のブラシ型ノズルの欠点

 

充電とバッテリーについて

インジケーターは青色LEDのみで、点灯or点滅でバッテリーの状態を表示。
充電時間は4.5~5.5時間で使用時間は約21分(パワフルモードだと約15分)とのこと。
MooSoo K12の充電ランプ

 

チキさん
車内掃除レベルであれば十分なバッテリー容量ですね

 

それとバッテリーの充電は充電スタンドはもちろん、付属のカーチャージャーからも充電可能です。

 

その場合にはカーチャージャーを車のシガーソケットに挿して、本体の持ち手部分の蓋を開けて充電ケーブルを挿すことで充電できます。
MooSoo K12のカーチャージャー

 

気になる吸引力と排気音は?

チキさん
最後に気になる方も多いであろう吸引力についてご紹介します

 

↓動画である程度少量のゴミであれば問題なく吸い込めているのが分かるかと思います。
車内のゴミであれば大抵はこのくらいかなと思うので問題なさそう。

 

しかし動画後半のゴミいっぱいver.では吸引口の狭さが原因でゴミが引っ掛かってしまいます。
MooSoo K12で大量のゴミ掃除

 

チキさん
大きいゴミを掃除する際には工夫が必要かもしれません

 

MooSoo K12は吸引力が強い分動作音もそこそこ鳴るので、静かなハンディクリーナーが欲しい人は注意が必要かも。
(これは吸引力とトレードオフなので仕方ないですが。)

 

分かりずらいと思いますが、排気口からでる風については上の動画で奥の葉っぱが揺れているんですが、あの距離の物体が揺れる程度には排気の風量があります。割とブオオオオーッ!って出てます。

 

ちなみに排気口は本体左右の2ヶ所にあります。
MooSoo K12の排気口

 

MooSoo K12ハンディクリーナーのまとめ

ということで今回は、おしゃれでコンパクトなハンディクリーナー「MooSoo K12」をレビューしました。
MooSoo K12外観

 

MooSoo K12ハンディクリーナーの特徴

  • おしゃれかつスタイリッシュな外観
  • ハンディ&コードレスとは思えない吸引力
  • 充電スタンドとカーチャージャー付き
  • ゴミ捨てがワンプッシュで楽チン
  • 金属フィルターとダストカップが水洗い可能
  • 連続動作約20分可能

 

吸引力が高い分、動作音が大きかったり排気量が少し多かったりはしますが、それ以上にコスパの高いハンディクリーナーかと思います。

 

チキさん
おしゃれで吸引力バツグンのハンディクリーナーをお探しの方はぜひ試してみて下さい♪
スポンサーリンク