オススメ記事

スマホの動作が重くなることがありますよね?

色々な原因があるとは思いますが、
今回は簡単に動作を快適にできる「キャッシュ削除」についてご紹介します。

 

こんな症状が出ている方にもおすすめ。

ホームページやブログを運営されてる方などは、
サイトで使っている画像を取り換えたりしますよね?

私は、

あれ?ブログの画像変えたはずなのに変わってない!

 

ってことがありました(笑)

 

これはブラウザが前の画像のキャッシュを保存していたため、
前の画像のまま表示されていたという理由でした。

 

キャッシュはあると便利ですが、
たまにはお掃除してあげる必要がありますの、
Chromeブラウザを例に手順を説明していきます。

 

スポンサーリンク

キャッシュとは

そもそも「キャッシュ」とは何なのでしょうか?

 

キャッシュとは?
Webサイトはたくさんの画像やその他の情報で作られているため、
毎回アクセスするたびにそのデータを読み込んでいると多くの時間が掛かってしまいます。

そこで、PCやスマートフォンにサイトのデータをあらかじめ一部保存しておくことで、
サイトの表示速度を上げることができます。

この、一部保存されているデータのことをキャッシュといいます。

通常、パソコンやスマホのブラウザはユーザーが特に設定などをしていなくても、
このキャッシュを保存するようになっています。

 

OKわかった。そいじゃばんばんキャッシュしてくれい!

ただし、
このキャッシュというデータがパソコンやスマホに溜まり続けると、

端末の動作が重くなってしまったりといったトラブル の原因にもなるのです。

 

お、おうそれじゃあどうすれば・・・

 

キャッシュはサイト表示速度が早くなるというメリットがありますが、
不要なキャッシュはただのゴミです。

 

そこで、ユーザー自身が定期的にキャッシュを掃除してあげる必要があります。

 

それではPCとスマホのChromeブラウザのキャッシュ削除方法をご紹介します。

 

キャッシュ削除方法(PC)

(スマホの手順に飛びたい方はこちら)

 

まずはブラウザ右上のメニューボタンをクリックします。

 

表示されたメニュー内の「設定」をクリックします。

 

すると設定画面のタブが新しく開きますので、
一番下までスクロールして「詳細設定」をクリックします。

 

詳細設定を開いてすぐ下の「プライバシーとセキュリティ」の中の
「閲覧履歴データを消去する」をクリックします。

 

「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れ、
「データを消去」をクリック。

 

 「閲覧履歴」や「Cookieと他のサイトデータ」についても削除することができますが、
利用しているログイン情報などが消え、パスワード等が分からなくなってしまう恐れがあるので、
よく分からない場合は削除しないようにしましょう。

 

以上でPC版Chromeブラウザのキャッシュ削除は終了です。

 

キャッシュ削除方法(スマホ)

次はスマートフォン版Chromeブラウザのキャッシュ削除方法についてです。

 

まずはブラウザ右上のメニューボタンをタップします。

 

表示されたメニュー内の「設定」をタップします。

 

すると設定の画面に移りますので、
詳細設定の所にある「プライバシー」をタップします。

 

一番下までスクロールすると「閲覧履歴データを消去する」がありますので、
これをタップ。

 

「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れ、
「データを消去」をタップ。

 

この後、「サイトとストレージを消去しますか?」という画面が出ますので、
表示されるアイコンのサイトのキャッシュを残しておきたい場合には、
チェックを外しておきましょう。

確認できたら「クリア」をタップで完了です。

 

まとめ

スマホやパソコンの調子がおかしいな?と思ったらキャッシュを削除してみましょう。

 

頻繁に掃除してしまうと、そもそもキャッシュのメリットがなくなってしまいますが、
結構忘れがちですので、数カ月に一度くらいはチェックしてみましょう。

スポンサーリンク