【PC・スマホ】Chromeのキャッシュクリア方法を解説!自動削除やショートカットも簡単!

今回はChromeブラウザのキャッシュクリア(削除)をPC・スマホで行う方法と、自動でキャッシュ削除が実行できる便利な拡張機能やショートカットの方法をご紹介します。

 

こんな人に読んで欲しい

  • キャッシュってなに?
  • キャッシュを削除するとどうなる?
  • Chromeのキャッシュクリアの方法は?
  • キャッシュクリアのショートカットは?
  • Chromeのキャッシュクリアを自動でする方法は?

 

スポンサーリンク

Chromeブラウザのキャッシュとは

キャッシュ

キャッシュとはWebページの読み込み速度を早くするための一時保存データのことであり、よくアクセスするサイトの情報(画像など)をPCやスマホに保存しておくことで高速化が可能になる。

 

しかし色々なWebサイトのキャッシュがPCやスマホに溜まり続けると、スマホなどの容量を圧迫し、結果的にスマホ全体の動作が悪くなる可能性があります。

 

チキさん
定期的なキャッシュ削除も、PCやスマホを長く使うために必要なメンテナンスです

 

スポンサーリンク

キャッシュを削除するとどうなる?

キャッシュを削除すると一体どうなるのか気になるかもしれませんが、キャッシュ削除は一時的に保存されているデータが消去されるだけなので、ログイン情報などが消えてしまう心配はありません。

 

POINT

キャッシュクリア:一時的に保存されているデータの削除。再度アクセスした際に読み込み時間が長くなる。

 

よくアクセスするサイトのキャッシュは再訪問時に再び保存されるので、あまりアクセス頻度が多くないサイトの不要なキャッシュを掃除することが出来ます。

 

スポンサーリンク

パソコンでChromeブラウザのキャッシュを削除する方法

パソコン版Chromeのキャッシュ削除方法

  1. Chromeブラウザを起動
  2. 右上のツールボタン(点が縦に3つ並んだボタン)をクリック
  3. その他のツール→閲覧履歴の消去をクリック
  4. キャッシュを削除する期間を選択(基本的には全期間でOK)
  5. 【キャッシュされた画像とファイル】にチェック
  6. 【データを削除】をクリック

 

パソコン版Chromeのキャッシュを削除する方法は、まずブラウザ右上のツールボタンをクリックし、その他のツールから閲覧履歴の消去をクリック。
パソコンでChromeブラウザのキャッシュを削除する方法①

 

そして、キャッシュを削除する期間を選択し、キャッシュされた画像とファイルにチェックを入れてからデータを削除します。
パソコンでChromeブラウザのキャッシュを削除する方法②

注意

【閲覧履歴】や【Cookieと他のサイトのデータ】もチェックを入れることで削除が可能。
ただしCookieの削除はサイトのログイン情報などが消去されてしまうため、パスワードの自動保存などを行っていない場合は、各サイトにアクセスした際に再度IDやパスワードを入力する必要があるので注意しましょう。

 

チキさん
パスワードの自動保存を行っていない場合は【キャッシュされた画像とファイル】のみチェックをしておきましょう

 

閲覧履歴データの削除をショートカットで開く方法

また【閲覧履歴データの削除】はパソコンのキーボードで下記のショートカットを押すことでも開くことが出来るので、覚えておくと便利です。

 

  • Windows : Ctrl + Shift + Delete で【閲覧履歴データの削除】が開く
  • Mac : Command + Shift + Delete で【閲覧履歴データの削除】が開く

 

スマホでChromeブラウザのキャッシュを削除する方法

スマホ版Chromeのキャッシュ削除方法

  1. Chromeブラウザを起動
  2. 右上のツールボタン(点が縦に3つ並んだボタン)をタップ
  3. 【履歴】をタップ
  4. 【閲覧履歴データを削除...】をタップ
  5. キャッシュを削除する期間を選択(基本的には全期間でOK)
  6. 【キャッシュされた画像とファイル】にチェック
  7. 【データを削除】をタップ

※android・iPhone共に同様の手順で削除可能

 

スマホ版Chromeのキャッシュを削除する方法は、まずブラウザ右上のツールボタンをタップし、その中にある履歴から閲覧履歴データを削除をタップ。
スマホでChromeブラウザのキャッシュを削除する方法①

 

そして、キャッシュを削除する期間を選択し、キャッシュされた画像とファイルにチェックを入れてからデータを削除します。
スマホでChromeブラウザのキャッシュを削除する方法②

POINT

「これらのサイトのデータも削除しますか?以下のサイトは重要な可能性があります。」と表示された場合には、よく見るサイトのチェックを外しておくか、そのまま削除しても問題ありません。

 

Chromeのキャッシュクリアを自動でする方法

キャッシュクリアを自動で行いたい場合には、Chromeの拡張機能(アドオン)である「Click & Clean」が便利。
Click & CleanのDL画面

 

アドオンを追加するとChromeブラウザの右上から「Click & Clean」のメニュー画面にアクセス出来るようになるので、オプションボタンをクリック。
Click & Cleanのオプションボタン

 

デフォルトでは複数の項目にチェックが入っていますが、Chrome終了時に自動でキャッシュ削除をするだけの場合は「キャッシュを空にする」と「Chromeが閉じるとき、個人データを削除」のみチェックをすればOK。
Click & Cleanのオプション画面

 

これでChromeの終了時に自動でキャッシュの削除を行ってくれるようになります。
Click & Cleanでキャッシュの自動削除を実行した結果

 

また、メニュー画面の「キャッシュを空にする」右上のゴミ箱マークをクリックすると、手動でもキャッシュクリアが出来るようになるので、ぜひ試してみてください。
Click & Cleanでキャッシュを手動削除するボタン

 

Chromeのキャッシュクリアと自動削除やショートカット方法のまとめ

ということで今回は、Chromeブラウザのキャッシュクリア(削除)をPC・スマホで行う方法と、自動でキャッシュ削除が実行できる便利な拡張機能やショートカットの方法をご紹介しました。

 

パソコン版Chromeのキャッシュ削除方法

  1. Chromeブラウザを起動
  2. 右上のツールボタン(点が縦に3つ並んだボタン)をクリック
  3. その他のツール→閲覧履歴の消去をクリック
  4. キャッシュを削除する期間を選択(基本的には全期間でOK)
  5. 【キャッシュされた画像とファイル】にチェック
  6. 【データを削除】をクリック
  • Windows : Ctrl + Shift + Delete でショートカット
  • Mac : Command + Shift + Delete でショートカット
  • 自動削除には「Click & Clean」というアドオンが便利
  •  

    スマホ版Chromeのキャッシュ削除方法

    1. Chromeブラウザを起動
    2. 右上のツールボタン(点が縦に3つ並んだボタン)をタップ
    3. 【履歴】をタップ
    4. 【閲覧履歴データを削除...】をタップ
    5. キャッシュを削除する期間を選択(基本的には全期間でOK)
    6. 【キャッシュされた画像とファイル】にチェック
    7. 【データを削除】をタップ

    ※android・iPhone共に同様の手順で削除可能

    この記事も読まれています