【ASUS E203MA-4000Gレビュー】ネットや動画閲覧に十分すぎるスペックの3万円代PC!

今回はASUSの格安ノートパソコン ASUS E203MA-4000Gを購入したので、開封レビューとE203MAの特徴、類似型番ノートPCとの違いなどをご紹介したいと思います。

 

こんな人に読んで欲しい

  • E203MAの購入を検討している
  • E203MAのスペックは?
  • E203MAはどんな用途で使える?
  • E203MA-4000GとE203MA-4000G2の違いって?

 

まずは私が今回「ASUS E203MA-4000G」を購入した理由ですが、私の場合は外でのブログ執筆作業用ということになります。

 

メインで使うPCはそこそこのスペックのデスクトップPCがあるので、さっと持ち運べてカフェなどで使えるサブPCといった感じです。

 

チキさん
ということでこんなPCを探しました

 

簡単に言うとこんなPCが欲しかった

  • 小さくて軽いノートパソコン
  • 安い(一番大事)
  • スペックはブログ書いたりYouTubeが見れればOK
  • 外で使ってもある程度恥ずかしくない外観

 

そんな感じでAmazonや他のブロガーの方のレビューなどを参考に探したところ、価格もお手頃で好評な「ASUS E203MA-4000G」にたどり着きました。

 

チキさん
ということで早速レビューしていきたいと思います

 

スポンサーリンク

ASUS E203MA-4000Gのスペック詳細

製品名 ASUS E203MA-4000G
OS Windows10 Home 64bit
CPU Celeron N4000
メモリ 4GB
ストレージ 64GB eMMC
サイズ 11.6インチ
重さ 約1kg
バッテリー 最長約14.6時間
発売日 2018年6月

 

↓ちなみに性能はASUS E203MA-4000Gと全く同じで白いカラバリのASUS E203MA-4000Wという製品もありますので、お好みに合わせてチョイスして下さい。

 

でもCPUがCeleronってなんかしょぼくね?

チキさん
と私も最初は思っていましたが・・・

 

実際に使ってみるとこんな感じでPhotoshop Elemtns(画像編集ソフト)も全然余裕で使える性能なので、ブログ書いたりYouTube(動画)を見たりする分には十分なスペックです。
E203MA-4000Gでフォトショップを使用

 

E203MA-4000Gに搭載されているCeleron N4000の性能については、下記のページがとても参考になったので、より詳しく知りたい方は参考にしてみて下さい。

 

参考リンクCeleron N4000 や Celeron N4100 の性能は?

 

あとは他の3万円前後の格安ノートパソコンだとストレージが32GBの製品が多いですが、今回購入したASUS E203MA-4000G格安PCながらストレージが64GBと十分な容量があるのが特徴で、初期状態でも35GB程度の余裕があります。

 

チキさん
逆に言えば32GBの製品は最初から数GBしか空きがないということになります

 

スポンサーリンク

ASUS E203MA-4000G開封レビュー

それでは早速「ASUS E203MA-4000G」を開封していきたいと思います。
E203MA-4000Gの外箱

 

箱の中身はこんな感じで、E203MA本体と充電用のアダプター、あとはPC本体の下に各種説明書などが入っているシンプルな構成です。
E203MA-4000Gの箱の中身

 

スターグレーという色(カラバリ)ではありますが、本体はかなりネイビーに近い色なのでご注意下さい。
E203MA-4000Gの本体カラー(スターグレー)

 

WPS Officeが付属

PC本体以外はACアダプタと保証書などの書類が数点。
E203MA-4000Gの説明書類

 

ちなみにワードやエクセルといった「Microsoft Office」は入っていませんが、「WPS Office」(昔キングソフトOfficeと呼ばれていたやつ)という互換ソフトのシリアルが最初からセットになっているので、ワード・エクセル・パワーポイントは最初から使用することが可能です。
(通常5,880円もするソフトなのでかなりお得。)
E203MA-4000Gに付属のWPS Officeライセンスカード

 

ACアダプターもコンパクト!

あとパソコンのACアダプターって、なんかこう太っとい長方形の箱!っていうイメージだったので、今回のコレはめちゃくちゃコンパクトでビックリ(笑)
E203MA-4000GのACアダプター

 

チキさん
最近のACアダプタってこんなに小さくなってるんですね

 

 

本体サイズと重さ

さらに詳しく見ていくと、まずPC本体サイズは横286mm x 縦193mmで厚さは20mm程度(ゴム足含む)。
E203MA-4000Gの本体サイズ

 

そしてなんといっても約1kg弱というその軽さ。
実際に測ってみると988gでした。
E203MA-4000Gの本体重量

 

以前使っていたHP製の「ENVYx2」というノートPCは重さ1.4kgでしたが、約0.4kgちょっと変わるだけで軽さが別次元です(笑)

 

ごく普通のキーボードが逆に嬉しい

さてお次はキーボードですが、こういうコンパクトなPCにありがちの特殊な配列ということはなく、しっかりと使いやすいごく普通のキーボードなのが逆に嬉しいです。
E203MA-4000Gのキーボード

 

インターフェイス(端子)類

チキさん
そして搭載されているインターフェイス類はざっとこんな感じです

 

各種インターフェイス(端子)類

  • 電源ポート
  • microSDカードスロット
  • HDMI
  • USB3.0 x2(左右1つずつ)
  • USB3.1 Gen1 Type-C
  • イヤホンジャック

 

E203MA-4000Gのインターフェイス①

E203MA-4000Gのインターフェイス②

 

実用十分なポートの種類と数が搭載されていますが、厚さが薄くスッキリしている分、有線LANポートやディスクドライブは搭載されていないので注意が必要です。

 

チキさん
個人的にその辺は無くても全く問題なしです

 

あとはUSBのType-Cが搭載されていますが、残念ながらPD(Power Delivery)非対応なのでここからモバイルバッテリーなどで本体の充電を行うことはできません。

 

モニターもごくごく普通

続いて11.6インチのモニタは、解像度が1366×768の光沢タイプとなっています。
映り込みや視野角が気になるかなーと思っていましたが、カフェや自宅で使う分には全く問題ないレベルです。
E203MA-4000Gのモニター視野角①

E203MA-4000Gのモニター視野角②

POINT

屋外など光が強いところでは使いづらいかもしれませんが、画面の輝度を下げることも出来るので、屋外で全く使えないということはありません。

 

チキさん
ということで一通りのレビューは以上なのですが・・・

 

実は今回ASUS E203MA-4000Gを購入した際に、最初の1台目に初期不良があり、PCを交換してもらう事になりました。

 

スポンサーリンク

初期不良に当たり交換してもらうことに・・・

んで何が問題だったのさ

チキさん
じ、じつは・・・

 

キーの入力をしてみて直ぐに気付きましたが、本体右下の辺りが少し浮いていて、手などが当たるとカタカタと本体全体が僅かに傾くという現象が発生していました。
E203MA-4000Gに初期不良発生①

 

気にならない人もいるかもしれませんが、真横から見てみるとやはり右下の足のところが少し浮いていました・・・
E203MA-4000Gに初期不良発生②

 

恐らく原因は本体裏面の右下のゴム足が変形しているか、本体自体が全体的に右に反り上がっているかのどちらか。
E203MA-4000Gに初期不良発生③

 

初期不良の連絡をし交換してもらったPCをチェックしてみると、タイピングなどを行ってみても全くカタカタと傾いたりしないので一安心。
E203MA-4000Gに初期不良発生④

 

ちなみのちなみにですが、交換分の2台目が届くまでの間に、カラーの下見に利用していた電器屋さんのE203MAをもう一度見に行ってみると、この筐体も本体右下が少し浮いていて、カタカタとなる現象が発生していました。
店頭に置かれていたE203MA-4000G

 

チキさん
ですので購入された場合には最初の段階でチェックしておく事をオススメします

 

 

似たような型番の製品と何が違うの?

とここまではE203MAのレビューをしてきましたが、私自身E203MAを買うにあたって感じたのが・・・

 

チキさん
なんか似たような型番の製品が多くて分かりづらっ

 

です(笑)

 

なのでこれから購入される方の参考までに、E203MAと似たような型番の製品をざっとご紹介しておきます。

 

とはいえ結論としてE203MAがオススメなのに変わりはないので、間違えて注文しないように注意いいいいい!!
という意味合いで見て頂けると幸いです。

 

W203MAとの違い

まずは最も間違えやすそうなW203MA。

 

E203MAとCPUやメモリは同じですが、ストレージが32GBかつOSがWindows10(Sモード)となっています。

 

Windows10(Sモード)というのは簡単に言うとWindows10の機能制限版のようなもので、ソフトがWindowsストアからインストールしたものしか使えなかったり、ブラウザがMicrosoft Edgeしか使えなかったりととても不便なOSです。

 

その分お値段が数千円安かったりもするのですが、とてもこの不便さと釣り合うものではありません。

 

一応通常版のWindows10にアップグレードも可能なようですが、冒頭でもお話した通りストレージが32GBしかない機種なので、どっちみち使いづらいかなという印象です。

 

E203NAとの違い

こいつも中々そっくりなE203NA。

 

これについては単純にE203MAの前モデルになります。

 

価格もほぼ同じですし、CPUやバッテリーの性能が下がるだけなので、今さらコレを選ぶ理由は何一つないかと思います。

 

R203MAとの違い

2019年3月末にE203MAの廉価版であるR203MAが発売されましたが、ROMが64GBから32GBに変更されてその他の仕様は全く一緒で2000円くらいの差なので、あまりオススメはできません。

 

E203MA-4000G2との違い

E203MA-4000G2は2019年10月に販売開始となったモデルですが、「ASUS E203MA-4000G」と比較すると、CPUやメモリ、ストレージの性能は全く同じですが、W203MAと同じくOSがWindows10(Sモード)となっています。

 

チキさん
Windows10Sにデメリットを感じないのであれば、価格の安いE203MA-4000G2がオススメです

 

 

E203MAと一緒に使っているオススメ周辺機器

チキさん
では最後にオススメの周辺機器をご紹介しておきます

 

ということで、まずはこのマウスとマウスパッドから。
E203MA-4000Gで使用しているマウスとマウスパッド

 

マウスはこのワイヤレスのやつを使っています。
iduduっていう謎のメーカー(笑)の製品ですが、安い(約千円)・軽い・薄いと文句なしの上に、電池式じゃなくて充電式なのが個人的超お気に入りポイントです。

MEMO

追記:買ったときに満充電してから次の充電まで約3.5ヶ月ほど電池が持ちました。
(週に4~5日、1回2時間程度の使用頻度。)

 

クリック音もカチカチと鳴らず、クリックリッととても静かなクリック音で外でも使い易いのでオススメです。

 

※全く同じ商品は取り扱いが終了していたので、同じiduduの類似品を貼っておきます。

 

続きまして、マウスパッドはELECOM製のMP-108(ブルー)というものを使っています。
マウスの操作性はバツグンですが、その分表面がザラザラとした加工になっているのでマウスを動かすと少しカサカサっと音がなるのが残念なところ。

 

最後にPCケースはこちらのInateckのラップトップケースを使用しています。
E203MA-4000Gで使用しているPCケース

 

ASUS E203MA-4000Gレビューのまとめ

ということで今回は安い!軽い!軽作業に最適!なASUSのノートパソコン「ASUS E203MA-4000G」の開封レビューとE203MAの特徴、類似型番ノートPCとの違いなどをご紹介しました。
E203MA-4000Gの外観

 

ASUS E203MA-4000Gの特徴

  • 3万円代のPCとしては高スペック
  • 軽くてコンパクトで持ち運びに最適
  • ネットや動画を見るには十分な性能
  • 見た目にはそれほど安っぽさを感じさせない

 

一般的にノートパソコンは軽くなるほどお高くなっていくものですが、「ASUS E203MA-4000G」は軽くてコンパクトな上に3万円代とまさに望み通りのノートPCでした。

 

チキさん
E203MAはブロガーやちょっとしたサブPCが欲しい方に超オススメです

 

 


この記事も読まれています