【レビュー】Anker PowerCore III Fusion 5000を購入!PDに対応したコンセント一体型モバイルバッテリーの新モデル!

今回は、コンセント一体型のモバイルバッテリーとして爆発的にヒットした「Anker PowerCore Fusion 5000」の新モデル「Anker PowerCore III Fusion 5000」を購入したのでレビューしたいと思います。

 

充電器とモバブが合体して大ヒットしたやつだな

チキさん
そのモバブがPD(急速充電)に対応したUSB-Cポートを搭載して新登場しました

 

こんな人に読んで欲しい

  • Anker PowerCore III Fusion 5000のサイズや重さは?
  • Anker PowerCore III Fusion 5000の充電性能は?
  • Anker PowerCore III Fusion 5000の機能や特徴は?
  • Anker PowerCore III Fusion 5000のイマイチなところは?

 

チキさん
それでは早速見ていきましょー!

 

スポンサーリンク

Anker PowerCore III Fusion 5000のスペック

チキさん
まずはスペックと旧モデルとの違いを簡単にまとめておきます

 

Anker PowerCore III Fusion 5000 Anker PowerCore Fusion 5000
容量 4850mAh 5000mAh
本体サイズ 約78mm x 71.5mm x 30mm 約72mm x 70mm x 31mm
重さ 約176g 約189g
端子 USB-C(出力)x1、USB-A(出力)x1 USB-A(出力)x2、マイクロUSB(入力)x1
USB-C(出力) 5V=3A, 9V=2A (最大18W) -
USB-A(出力) 5V=2.4A (最大12W) 5V=3A (最大15W)
本体の充電 コンセントのみ コンセント or マイクロUSB
発売日 2020年3月 2016年8月

 

旧モデルとの大きな違いはPD対応のUSB-C端子を搭載しているところ!

 

チキさん
ここが購入の大きな決め手になりました

 

サイズが数ミリ大きくなっていたり、バッテリー容量がやや少なくなってはいますが、PDに対応したこと以外は旧モデルと大きな違いはないとも言えます。

 

購入を検討した他のモバイルバッテリー

チキさん
他にはこんな商品の購入も検討しました

 

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh with Power Delivery 18W」もPD対応かつ5000mAhでサイズもAnker Power Core III Fusion 5000よりかなりコンパクトですが、カラバリが黒しかなく、白いものが欲しかったので断念。

iWALK 超小型 モバイルバッテリー 4500mAh (USB-C)」はミニマリストに人気のスマホに直接挿すタイプの珍しいモバイルバッテリーで、ケーブルが不要なので持ち運びにめちゃくちゃ便利そうだなと思いましたが、PD(急速充電)に対応していないので断念。

↓ちなみにiPhone用もあります。

 

とまあ色々購入を検討した商品はありましたが、結局のところコンセント一体型のモバイルバッテリーを使ってみたかったというのが「Anker PowerCore III Fusion 5000」を選んだ最大の理由ではあります。笑

 

スポンサーリンク

Anker PowerCore III Fusion 5000開封レビュー

チキさん
それでは早速開封していきましょう!

Anker Power Core III Fusion 5000の箱

 

箱の中身はこんな感じ。バッテリー本体と付属のポーチ、あとは説明書です。
Anker Power Core III Fusion 5000の箱の中身

 

Anker PowerCore III Fusion 5000の付属ポーチ

付属ポーチの大きさはAnker PowerCore III Fusion 5000よりもだいぶ大きく、ケーブル類なんかも一緒に入れることが可能です。
Anker Power Core III Fusion 5000の付属ポーチ

 

外側は温かみと高級感のある質感ですが、内側はサラっとした手触りになっていて良いなと思いました。
Anker Power Core III Fusion 5000の付属ポーチの質感

 

Anker PowerCore III Fusion 5000のサイズと重さ

それでは次にAnker PowerCore III Fusion 5000の本体を見ていきましょう。
Anker Power Core III Fusion 5000の本体外観

 

本体サイズは約78mm x 71.5mm x 30mm
Anker Power Core III Fusion 5000の本体サイズ

 

重さは180g(公式では約176g)となっています。
Anker Power Core III Fusion 5000の本体重量

 

手のひらサイズと言えば確かにそうですが、正直5000mAhのモバイルバッテリーにしては大きいかなという印象です。
(重さは普通。軽くも重くもない感じ。)
Anker Power Core III Fusion 5000のサイズ感

 

スマホ(Galaxy S20)と比較してもこのくらいのサイズ感があります。
Anker Power Core III Fusion 5000のサイズ感(スマホと比較)

 

ボディバッグに入れてみると、Fusion 5000とワイヤレスイヤホン、長財布とケーブルでいっぱいいっぱいかなという感じなので、持ち運びの際にはもう少し大きめのバッグの方が邪魔にならないと思います。
Anker Power Core III Fusion 5000のサイズ感(ボディバッグ使用時)

 

 

Anker PowerCore III Fusion 5000の質感

Anker PowerCore III Fusion 5000表面は全体的にツルツルとした光沢感のある仕上がりになっていますが
Anker Power Core III Fusion 5000の質感①

 

電源ボタンと充電端子のあるこの面だけはマットな質感になっているので、どうせなら全面ツルツルのほうが良かったかなと感じました。
(白でマットだと汚れが残りやすそうなので。)
Anker Power Core III Fusion 5000の質感②

 

Anker PowerCore III Fusion 5000のプラグ部分

Anker PowerCore III Fusion 5000の最大の特徴とも言えるプラグ部分は、先が少し出っ張るようになっているので
Anker Power Core III Fusion 5000のプラグ部分①

 

片手でも割とスムーズに出し入れが可能です。
Anker Power Core III Fusion 5000のプラグ部分②

 

本体サイズが割と大きいので、コンセントの下側が埋まっているとプラグが挿せないので注意しましょう。
(上下入れ替えれば良いだけですが。笑)
Anker Power Core III Fusion 5000のプラグ部分③

 

スポンサーリンク

Anker PowerCore III Fusion 5000の充電性能は?

チキさん
それでは次にAnker PowerCore III Fusion 5000の充電性能を見ていきましょう

Anker PowerCore III Fusion 5000の充電(出力)端子

Anker PowerCore III Fusion 5000充電端子はUSB-AとUSB-Cの2つで、どちらも出力専用(ここからバッテリー本体の充電は出来ない)となっています。
Anker Power Core III Fusion 5000の端子

 

端子 充電性能 特徴
USB-C (出力のみ) 5V=3A, 9V=2A (最大18W) PD対応、PowerIQ3.0搭載(QC3.0対応)
USB-A (出力のみ) 5V=2.4A (最大12W) 低電流モード搭載

※2ポート同時使用時は合計最大15Wまで

 

PD=Power Delivery(パワーデリバリー)

従来のUSB-AやマイクロUSBに比べて10~20倍のパワーがある。(計算上)

PowerIQ

ANKER独自の高速充電技術。

QC=Quick Charge(クイックチャージ)

Qualcomm独自の高速充電技術。

↑全部ひっくるめてなんか結構充電が速い流行りのやつって認識でOK

 

Anker PowerCore III Fusion 5000の充電速度

うちのGalaxy S20の場合USB-CとUSB-Aどちらに接続しても急速充電という表示が確認できました。

Anker Power Core III Fusion 5000でGalaxy S20を充電(USB-C)

Anker Power Core III Fusion 5000でGalaxy S20を充電(USB-C)

 

Anker Power Core III Fusion 5000でGalaxy S20を充電(USB-A)

Anker Power Core III Fusion 5000でGalaxy S20を充電(USB-A)

 

iPhoneをお使いであれば、USB-C単体で使用した場合には「iPhone11をわずか30分で最大50%まで充電可能」とのことです。
Anker Power Core III Fusion 5000の充電性能(iPhone11の場合)

 

ちなみにスマホを急速充電するためには、ケーブルも急速充電に対応したものにする必要があるので注意しましょう。
私はFusion 5000と一緒にこのANKERの充電用ケーブルも購入しました。

ANKERの充電用ケーブルも購入

Anker PowerLine III USB-C & USB-C 2.0 ケーブル (0.3m ホワイト)

 

チキさん
モバイルバッテリーと一緒に使うのであれば30cmくらいが一番便利だと思います

 

Anker PowerCore III Fusion 5000の本体充電について

本体のバッテリー残量は電源ボタンを押すと4段階で表示してくれます。
Anker Power Core III Fusion 5000の充電残量インジケーター

 

LED点灯数 本体バッテリー残量
1個 0~25% (0%に近づくと点滅)
2個 26~50%
3個 51~75%
4個 76~100%

 

Anker PowerCore III Fusion 5000本体の充電はコンセントからのみとなっていて、約2時間40分で完了します。
Anker Power Core III Fusion 5000の本体充電方法

 

チキさん
次回モデルはUSB-Cが本体充電にも対応してくれると嬉しいですね

 

ちなみにAnker PowerCore III Fusion 5000充電器として使用する場合には、先に接続端末(スマホなど)を充電してから、Fusion 5000のバッテリーを充電するようになっています。
Anker Power Core III Fusion 5000を充電器として使用する場合

 

USB-A端子には低電流モードを搭載

USB-A端子には低電流モードも搭載されていて、電源ボタンを2回(または2秒長押し)でモードが切り替わります。
(低電流モード時は一番左のLEDが緑に点灯します。)
Anker Power Core III Fusion 5000の低電流モード

 

低電流モードがあるとワイヤレスイヤホンやスマートウォッチといった小型デバイスを適切な電流値で充電できるので便利です。
(こういった端末を大きい電流で充電すると発熱や故障の原因になります。)
Anker Power Core III Fusion 5000の低電流モード使用例

 

2021年1月発売「Anker PowerCore Fusion 10000」との違いは?

チキさん
2021年1月に、容量がアップした「Anker PowerCore Fusion 10000」も発売されたので違いをまとめておきます

 

 

Anker PowerCore Fusion 10000 Anker PowerCore III Fusion 5000
容量 9700mAh 4850mAh
本体サイズ 約82mm x 82mm x 35mm 約78mm x 71.5mm x 30mm
重さ 約278g 約176g
端子 USB-C(出力)x1、USB-A(出力)x1 USB-C(出力)x1、USB-A(出力)x1
USB-C(出力) 5V=3A, 9V=2.22A (最大20W) 5V=3A, 9V=2A (最大18W)
USB-A(出力) 5V=2.4A (最大12W) 5V=2.4A (最大12W)
低電流モード 搭載 搭載
本体の充電 コンセントのみ コンセントのみ
発売日 2021年1月 2020年3月

 

チキさん
大きな違いはバッテリーの容量が2倍になったことと、USB-Cの出力が20Wまで対応したところです。

 

しかし、それと引き換えに本体サイズが一回りほど大きくなったのと、重量が約100gアップしているので、モバイルバッテリー単体で見ると持ち運びにはAnker PowerCore III Fusion 5000の方が適しています。

 

PD対応、低電流モード搭載で万能なコンセント一体型モバイルバッテリー「Anker PowerCore III Fusion 5000」

ということで今回は、コンセント一体型のモバイルバッテリーとして爆発的にヒットした「Anker PowerCore Fusion 5000」の新モデル「Anker PowerCore III Fusion 5000」をレビューしました。
Anker Power Core III Fusion 5000のレビューまとめ

 

PowerCore III Fusion5000の特徴
ココがイイ!

  • コンセント一体型のハイブリッドタイプ
  • 充電器としても使えるので荷物が減る
  • 急速充電(PD:Power Delivery)対応
  • 低電流モード搭載
  • 白くてツルツルしててカワイイ

ココがイマイチ

  • 5000mAhのモバイルバッテリーとしては大きめ
  • 本体充電がコンセントからのみ
  • 容量5000mAhだとやや不安
    →サイズと重さを犠牲にしてAnker PowerCore Fusion 10000を選択するのも充分アリ

 

チキさん
コンセント一体型で多機能なモバイルバッテリーをお探しの方はぜひ購入を検討してみて下さい♪

 

 

↓容量がアップしたAnker PowerCore Fusion 10000 (9700mAh)はコチラ

 

スポンサーリンク
この記事も読まれています